ロードバイクはどこを走れば良いの?

いざロードバイクにまたがり、初めて車道に出てみると車と同じレーンを走ることに恐怖を感じる方は多いと思います。正しい交通ルールを知り、心がけることで、その恐怖を減らすことができます。基本的に自転車が走るのは車道。本来、歩道を走ってはいけないんです。スポーツタイプの自転車は従来の自転車よりも数倍のスピードを簡単に出せるのでしっかりと交通ルールを守って安全で素敵な自転車ライフを送るために今回は知っておくべき公道でのルールやマナーをご紹介します。

ロードバイクで公道を走る時は

ロードバイクなどの自転車は手軽に始められ自由に乗ることができるため、何をすれば交通違反になるのかなど基本的な決まりを詳しく知らない人がほとんどです。しっかりと交通ルールを頭に入れておかないと事故発生や、無意識に歩行者に対して迷惑を掛けたり危険な目に合わせてしまう可能性があります。きちんとルールを守って公道を走るようにしましょう。

基本的な走行ルール

  1. 車道の左側を走る歩道と車道しかない道では車道の左側を走るのが基本です。車と同じ進行方向を守りましょう。自転車専用レーンがある場合はそのレーンを走りましょう。
  2. 自転車に関する道路標識自転車に関係する道路標識も多いので、改めて確認して覚えておきましょう。走る場所によっては交通ルールが少し変わるところもあります。事前に道路標識を覚えて、柔軟に対応しましょう。
  3. 常に意識することまわりをよく見て走行をすることによって未然に事故を防ぐことができます。状況把握は必ず目視で行いましょう。前方確認はもちろんのこと停車する前は必ず振り返って、後方を目視で確認します。後方確認は首をひねって、肩越しで後ろをみるのがコツです。

ロードバイクで注意すること

駐停車中の車は、車の右から避けて通るのが基本です。避けるときは後方をしっかり確認した後に右腕を横に出します。(右へ車線を変更するハンドサイン)走行中のクルマに注意しながら慎重に通過しましょう。通過後はすみやかに左側に戻り、走行しましょう。駐停車中の車は急にドアが開いたり予期せぬ事故が発生する危険性があるので十分注意する必要があります。通過が難しい場合は減速して走行するとより安全です。

ロードバイクの走行で禁止されている行為

  1. 夜間にライトを点けずに走ってはいけません。夜間時は必ずライトを点けて走行します。所持している明かりがあれば出来るだけ全て点けておきましょう。自分の身の安全を守ることに繋がります。
  2. 携帯電話、傘、ヘッドホンなどを付けたままの「ながら運転」は禁止です。これらはすべて道路交通法違反となる危険な行為です。非常に危険な「ながら運転」は厳罰化され、警察も取り締まりを強化しています。
  3. アルコールを摂取した状態での運転はやめましょう。酔って正常な運転ができないときの走行はとても危険です。絶対にやめましょう。

ルールを守って正しく走行すればロードバイクがより楽しくなります。普段から安全に行動できる習慣を身につけて、楽しい自転車生活を送りましょう。